FXとは? > FX取引の歴史

FX取引の歴史

FXは歴史のある投資ですか?

FX取引の歴史は浅く、開始は1998年のことです。
もともと為替取引ができるのは、
銀行と銀行、銀行と企業などの間のみでした。

状況に応じて国が為替市場に介入してくることもありました。
国、銀行、企業とくらべ資金力におとる一般人は、
為替取引に参加することが認められていなかったのです。

1998年4月に「外国為替法」という法律が施行されます。
この法律により、為替取引が自由化されました。

今まで金融機関が独占していた為替取引に
一般人も参加できるようになったのです。

FXの取引単位変更

「外国為替法」によって、為替の最小取引単位も変更されました。
変更されるまでの最小取引単位は100万ドルでした。

日本円に換算すると約1億円です。
1回の取引で約1億円も動かすのは一般人には難しいですね。

「外国為替法」の施行により、
最小取引単位は1万ドルになりました。
そうは言っても1取引あたり約100万円からなので
高く感じるかもしれません。

でも、FXには少ない資金で取引ができるような工夫があります。
それがレバレッジです。

ページトップへ

FXキャンペーンを利用して口座開設でトクする方法

FXの口座開設でもれなくキャッシュバック!
FXの口座を開設して簡単な条件を満たせば現金をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンがあるのをって知っていますか? せっかくFXをはじめるならキャンペーンを利用して口座開設するのがオススメです!! 当サイトのFXキャンペーン比較の特集ページから口座開設して現金をGETしましょう。 今すぐFXキャンペーンをチェック!!

ページトップへ